Author name: nishizawa

あれこれ目障りな事象に独断的でシンプルに滅多切り その1

 2月も下旬に入り、一部には芽吹きも見られ、何となく暖かさを感じ春が見えてきました。元旦の能登半島地震の支援体制も国を挙げてのもので嬉しい限り、野球の大谷・将棋の藤井を筆頭に若者の活躍が国の未来に明るさを感じさせ、日経平均が過去最高の40,000円台を窺うことを象徴とした日本経済の回復、こんな日本の現状を背景に、支持率最低の岸田総理も外交では一部でイニシアティブもとり日本の存在を高めています。現状の日本は取り敢えず経済的にも民主的にも安定的な国家として進化していると言えるのではないでしょうか。

 こんな時に、自民党は裏金問題に掛かりきりです。長期政権による緩みなんでしょうが関係している政治家には資質に問題が有りそうです。違法でないなら積極的に弁明すべきであり、曖昧の態度は許されるものではありません。人間は誰でも間違いはあるもの、法律違反したのなら、率直に詫び、議員辞職し、早速に選挙区に戻って理解を求め再選されてこそが禊であり、頼れる政治家になれるのでは無いでしょうか。

 本当は政権交代が実現出来るような政界環境で有れば素晴らしいことです。直近の政権交代で施政の未熟さを散々に体験させられた国民は野党の手腕に信頼感を無くしています。現状の批判政党としては価値は認めるものの施政の展望は全くありません。先ずは早急に施政能力を養成し、国民を納得させ、影の内閣を誇示する位になって欲しい。真に国民の為の政治を主張する様になれば必然的に議席数は増えることでしょう。そんな政権交代が可能な二大政党は国民が望むものです。

 君子蘭です。昨年の11月頃に部屋の中に入れました。随分と葉が出て大きくなりました。さて、花が咲くのでしょうか。気配は全くありません。

 こちらもご覧ください。

 https://t.co/drAHjpFQqQ」 / X (twitter.com)

 人物がいろいろな貯金箱です。

 ジンブツ(人物) – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)

今や話題のど真ん中?、大谷選手と岸田総理

 12月も中旬入り、今年も間も無く終わります。今日、10日は11月初旬の陽気と言う暖かさで、青空の一日中陽が射す良い天気でした。

 こんな穏やかな年末に、MLBの大谷翔平選手と岸田文雄総理の話題が沸騰しています。

 先ずはお目出度くも異次元の世界の話題です。FAになっていた大谷選手がドジャースに入団を決定、契約額が10年で1000億円を越え、それも10年後にその大半を受け取るということです。年俸の100億円越えを10年後までその大半を受け取らないということです。CM等の年俸以外の収入が多く、特に年俸を当てにしていないことや税金対策などと共に将来の計画等色々とあるのでしょう。

 去年の大谷選手と言えばベーブルースの記録など、次々と投打に渡り野球史上の世界記録を更新、異次元の活躍で専ら驚嘆するばかりでした。既に歴史に残る活躍ぶりでしたが、更に来年はどんな飛躍した活躍となるか興味津々です。将棋の藤井翔太さんと共に、同じ時代にお二人の活躍を目に出来ることは幸せです。

 一方、岸田総理は今や崖っぷちと言われています。岸田総理は就任以来2年が過ぎました。その間、些細な息子の不祥事を除いては取り立てて総理本人に不祥事は見当たらないのに、直近での支持率は22.5%だそうです。

 考えられない低支持率、その理由として考えられることは、① 絶え間ない閣僚などの更迭 ② 安倍国葬の実施判断など判断の甘さ ③ サポート人材の能力不足 ④ 弱小派閥の出身 ⑤ 骨太の政策づくりが無く一貫性が無い等が上げられます。

 これ等の理由の根底にあるのは弱小派閥出身で、常に他派閥に気兼ねしなければ総理の地位を維持できない事に在るのでしょう。そして、こんな長期に渡る低支持率でも総理が続けられるということは、余程後継者不足なのでしょう。閣僚の更迭に見られる通り、最近の自民党の政治家には、本来の国を託せる政治家らしき人が見当たらなくなっています。それを許している野党もだらしない。

 岸田総理は、身辺も綺麗な様だし、人柄も好感が持てる、2年も総理の任に当たってきたことだし、そろそろ自分の線で政治を行って欲しい。国民の為、国の将来の為を睨んだ政治をして欲しい。政治家の本懐を歩んで欲しい。

 

 現在の庭の様子、2021.5月に庭の植樹を始めて此処までになっています。来年は一層大きく成長し楽しませてくれることでしょう。植樹の向こうの空地は庭の畑です。今年はこれで雪の冬を迎えます。

 こちらもご覧ください。

  https://t.co/HqClVefvXp」 / X (twitter.com)

 可愛いシカの貯金箱が見られるよ!!

 シカ – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)   

 

   

 

独裁体制大国の悪夢

 現在のいわゆる独裁体制にある大国と言えば、国連の常任理事国であるロシアと中国でしょう。一人の人間がほぼ意のままに一国を統治しています。そんな国が世界の平和を守る機関の国連で自分勝手な行動をし、国連活動の大きなブレーキとなっています。

 最近のロシアでは、相変わらずのウクライナ侵攻が続いており、ロシア国内でも不穏な動きがチラつき始めています。そんな中、ウクライナ侵攻でも功績のあったプーチン大統領の相棒、ワグネルのプリゴジンのプライベートジェット機が墜落し、プーチン大統領の粛清ではないかと噂されています。

 何とも劇画の世界そのまま、大国として認めるのであればはるか昔に脱皮してもらいたい政治体制、未だに現実とは人の性に絶望を禁じえません。

 一方中国では習近平国家主席のほぼ独裁体制、かなり細部に渡って迄統制し、極端に徹底した政策を強制している様です。色々不自然な政策実施が有るけれど、少し前はコロナ禍政策、現在は福島原発処理水放出に対する対応策が大方の理論的納得性が得られないまま拙速・極端な形で実施されました。

 中国は福島原発処理水放出の対応策として日本水産物の実質的輸入禁止を実施しました。自らの原発処理水状況が如何あるのかを含め理論的説明が無く、一方的に日本を究明している感じです。これはわれわれが住む地球全体の問題であり、お互いに話し合いの中で解決したいものです。一人の人間のほぼ意のままに政策が実施される独裁体制は何とも困ったものです。

 こんな政治体制の中で、ロシア・中国の国民はどんな意識を持っているのでしょう。現状は何とも掴みずらいけれど、同じ人間です。あるべき民主国家にいずれ変わっていくことでしょう。これからは地球の中で争っている時代では有りません。手を取り合って地球全体で諸々を解決していきたいものです。

 午後2時前のスーパー駐車場、真夏日が続き、今日も35度を超えています。何時も賑やかな駐車場ですが、時間帯もあるでしようが今日は空いています。空の光景は真夏日? 晩夏? いずれでしょう。今のところ晴れ渡った感じ、今日は夕立が予報されています。

 こちらもご覧ください。

  https://t.co/ljBQC7s6vc https://t.co/iYqx59VpJ2」 / X (twitter.com)

 郵便局関連の貯金箱がた~んと見れます。

 ユウビン(郵便) – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)

頭隠して尻隠さず? つじつま合わせに四苦八苦!!

 現在、話題沸騰のビッグモーター、つじつま合わせに四苦八苦しています。

 このビッグモーター、事故車修理で故意に修理箇所を増やし保険請求を割り増していたとのこと、何とも形容し難い恥ずかしい行為で言い訳に窮することでしょう。創業社長は知らなかったと断言しているけれど経営陣が関与していたことは明白、本当に知らなかったとすればそのこと自体が経営破綻の大きな要因です。零細企業の体質を払拭出来ず、非常識にも大企業としてダイナミックな不正に手を染めるとは論外な行為です。廃業が見え隠れしています。

 ビックモーターに関連して、支払い請求される損保側にも対応の不明瞭さがチラつきます。ビックモーターの不正を確認していながら穏便な対応をしています。ビックモーターへの大量の出向者やビックモーターを介しての多額の保険料収入が作用している様です。損保社長の綺麗ごとの説明が有りましたが、こんな不正が何時までも許される筈が無く、内部チェックが効かない、こんな損保もこの先心配な企業と言えるでしょう。この事故処理に関わった契約保険者の保険料アップ問題は如何してくれるのでしようか。

 更に、この損保の顧問職は「国土交通省と警察庁の天下り指定席」だそうです。今回の一連の中での対応に影響があるのでしょうか。

 小石庭の東側、良く晴れた夏景色です。連日の猛暑日が続いています。

 この暑さの中、昨年植え付けの小石庭花壇の芝桜が見事に増殖し、緑の絨毯に生りつつあります。来春が待ち遠しい。

 こちらもご覧ください。

 https://t.co/FDVjDas5ng https://t.co/oAF5W7i8Hv」 / Twitter 

 縁起の良い福助貯金箱がいっぱいあります。ご覧ください。

 フクスケ – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)  

昭和生まれが目標としてきた米国が変質か

 2022年GDP(国内総生産)世界ランキングでは引き続き米国がトップ、中国が日本を追い越し米国に急接近の状況です。世界経済を断トツで突っ走て来た米国に大きく陰りが見えてきています。

 世界経済を牽引してきた米国の支配力の陰りに懸念を感じる所ですが、それ以上に米国の政治体制や国民の政治意識の変質に大きな違和感が感じられる様になりました。

 最近では80歳の民主党バイデン大統領が来年秋の大統領選に再選を表明しました。また、間もなく77歳になる共和党のトランプ前大統領も立候補を表明しています。二人が大統領選を争うことに成るかどうかは定かでは有りませんが、かなり有力視されています。

 最近の寿命がかなり伸びているとはいえ、80歳前後を過ぎての人に国の舵取りの大統領を託すのは常識なのでしょうか。人それぞれとは言え、80歳になった自分の体験からすれば、歩きがたどたどしくなり、一寸した物忘れにイライラし、思考や行動が保守的になり新しい挑戦に二の足を踏みます。思考の低下は自覚出来ないけれどポジティブな行動と共に劣化していることでしょう。

 そんな二人に国を託す国民の判断が主流で、二人の中から大統領の再選を有力視される現状が報道されています。更に民主党と共和党の支持者がほぼ互角で熾烈な争いが再び繰り広げられ様としています。更に前大統領として実証済みの異常な思考と行動のトランプ前大統領が共和党支持者の大部分に支持されている様です。

 米国の社会が分断され、自国のことを最優先し、他国に配慮する余裕をなくし、更に自我のみの行動に走る民衆が増え、他国に信頼され、目標とされてきた米国の民主主義が揺らいできています。

 第二次世界大戦後以来の米国の世界支配が崩れかけています。諸々の要因があるだろうけれど自然の成り行きかも知れません。一定の体制には永遠のものは無く、時代の変化に対応出来なければ他のものに変わっていくのでしょう。

 米国がどんな立ち直りを示せるか注目したい。それと共にこれ迄米国頼りで来た日本が自立の道を構築しなければなりません。日本が今までの米国の有り様に取って代わることなど出来ません。世界の中で日本の立位置を見定め、地球の全人類が良かれの方向性の中で国造りを願いたいものです。

 一寸珍しいチューリップアイスクリームを咲かすことが出来ました。ご覧ください。

 こちらもご覧ください。

  https://t.co/zL0enXvlw0 https://t.co/sfAmBZweeZ」 / Twitter

  おじいちゃん・おばあちゃんの貯金箱をいろいろご覧ください。

 ソフボ(祖父母) – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)

戸倉上山田温泉 開湯130年 

 戸倉上山田温泉は、1893年(明治26年)に開湯され、今年で開湯130年目になります。それを記念して昨夜SBCで特番が放映されました。

 伝統の外湯が3箇所、大本願別院・射的の馴染の場所、そして近年から最近開業の飲食店が隠れグルメとして紹介されていました。それなりに上手に編集され惹かれるものが有りました。

 SBCスペシャル 戸倉上山田温泉開湯130年 鬼越トマホークの温泉街さんぽ 2023年3月1日放送分 | バラエティ | 無料動画GYAO! (yahoo.co.jp)

 でも、何かが欠けている。今の戸倉上山田温泉には”存在”を主張出来る誇るべきものも少ないけれど、その主張する迫力も細やかで、ただシンプルに時が流れて行く感じがします。

 私は昭和46年(1971年)から戸倉上山田温泉に住んでいます。当時は長野県でも有数の温泉地として県外でも有名でした。旅館は近代設備のホテルに建て替えられ、新たに参入する旅館もありました。昭和48年からのオイルショックも乗り越え、今も立ち並ぶ建物群を建設し終えました。当時の旅館経営者は温泉景気が最高であったこともあり、意気軒昂であったものの当面のみで先行きを配慮する思慮に欠けていた様です。

 健全経営の旅館あっての温泉景気です。先行きの思慮の無い惰性の旅館経営は国内経済の成り行きと共に不安定化し、老舗旅館と言えども廃業、売却などに至ってきました。旅館の減少、入込客の減少は旅館あっての業者の減少となり、温泉一帯が寂れてきています。

 温泉の旅館建物の大半が建築50 年を過ぎてきており、建て替え時期に来ています。設備も古く、他地域温泉地との格差も歴然として来ており、誘客も大変でしょう。建て替え問題はその資金手当てであり、現状はなかなか難しそうです。それが温泉の迫力無さの原因かも知れません。

 開湯130年を迎える戸倉上山田温泉、その泉質の良さは誰からも折り紙付き、平地温泉としてアクセスも抜群、傍を流れる千曲川の景観も素晴らしく、釣りやバードウォッチングなどの積極的活用も期待でき、この天然資源は観光資産として手付かずで得られ永遠のものです。

 今の状態から直ちに抜け出ることは難しい。どんな戸倉上山田温泉を目指すのか方向性を定め、取り敢えずインフラを中心に官民一体で一歩一歩進むしかないのかなと思います。現状の始末は長年に渡ろうともそれぞれの個人に期待せざるを得ないようです。過去の歴史から推測するに戸倉上山田温泉の再興があってこそ、市内の観光地への活況も期待でき、早期の再興が期待される所です。

 こちらもご覧ください。

  https://t.co/E5fHo8kp6W https://t.co/9jlwSf29lt」 / Twitter

 いろいろなキツネの貯金箱をご覧ください。

 キツネ – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)

  

築かれた独裁体制が長くなるほどデメリットが拡大か?

 独裁体制の大国、ロシアそして中国が現代世界の問題国として注目が集まっています。ほぼ100年前、ひと昔前の 覇権主義を掲げて世界の秩序をかく乱しています。どんな自己主張が有るにせよ、納得性の無いまま力で押さえつけてくるのは現代では在ってはならないことです。

 両国の言動は常識人からすれば、理解し難い浅はかな体を成すことが多い。核兵器を所有するなどの武装強国なので強面せざるを得ないのが現状です。

 独裁体制の国は強弱、いろいろ有れど世界の中でかなり存在しています。国が創設され安定するまでは、この体制にメリットがあるやも知れません。でも、大国と言われる国の独裁体制は如何なものでしょうか。一旦民主国家に向かったロシアがプーチン大統領になって独裁体制が定着しました。中国も一党独裁体制が続いているものの、一時一寸民主化がみられた後、習近平主席の独裁体制が同じく定着しています。

 独裁体制が長くなると、支配者側に特権が生じ、国民の間に貧富などいろいろな格差を発生させます。また、支配者側にとって不利益な言動は抑圧されます。支配する側とされる側に二分され、封建時代に戻るか?

 こんな中では、なかなか一般国民は常識論の声を上げられないかも 知れません。それが今のロシアか? 

  翻って日本では現状、自由に言論を戦わせます。素晴らしい国、日本を大事に進化させなければいけません。嫌な兆候は先々に摘み取り、模範的な民主国家を目指したいものです。民主国家の先輩であるアメリカにおいて、嫌な兆候、トランプ元大統領の出現も、流石に民主主義の本家は乗り切れる様です。

 2023年ナウ(now) 戸倉上山田温泉スナップ

 戸倉温泉通り、右側に流れる雄大で風光明媚な千曲川と共に安らぎの時を刻みつつ永久に今が過ぎて行きます。

 こちらをご覧ください。

  https://t.co/VmQ1Mw2gO4 https://t.co/LFq1B0vizh」 / Twitter

 沢山のカバ・ゾウの貯金箱をご覧ください。

 カバ・ゾウ – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)

岸田総理のサポート体制は大丈夫?

 ロシアのウクライナ侵攻・中国の覇権主義行動等で世界が二分され、100年前に退歩する現況、しかも最も懸念される核使用が現実のものとなって来ています。一部では生死を賭けた戦闘が繰り広げられ、これが世界に広がる悪夢の再来となるやも知れません。

 こんな歴史にも残るだろう現状の事態解決に最も貢献が期待されるべき日本の総理が、足元のご粗末な言動に再三にわたり対処せざるを得ないことは何とも理解し難いことです。

 現在の大臣の数は17人以内とか、その内ほぼ3カ月の間に4人が辞任しています。そして先日は秘書官が辞任しました。何れも人目を憚る言動です。

 短期間の間に総理をサポートする人材がこれほどまでの割合で辞任せざると得ないとはどんな要因が存在するのでしょうか。任命される側か、任命する総理の側か、要因はどちらに在るのでしょうか。任命される側に的確な人材が不足しているのか、総理に見分けたり、的確な人材を確保する能力に欠けているのか定かでは有りません。

 いずれにしてもこれまでの異常な経過は、日本の政治ひいては世界の中の日本の立ち位置に大きな禍根となるもので早急な是正が求められます。

 常識が平均以上、其のうえで人並み優れた専門知識を持つ、こんな人が最低の的確な人材であって欲しい。総理は謝罪するだけでなく、度々のこの様な事例の無き様、先々に対処して欲しい。自らをサポートするしっかりした人材がいてこそ、日本の政治が安定し、その日本こそが世界貢献の実を上げるというものでしょう。

 国民良かれと行動し、かなりの人から賞賛された小泉元総理の貯金箱です。

 こちらもご覧ください。

  https://t.co/ZYnA1KUDRi https://t.co/gcdpJo0LSs」 / Twitter

 沢山の女の子の貯金箱をご覧になりませんか。

 オンナノコ(女の子) – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com) 

こんな人とは出会いたく無かった!! その1

 間もなく80歳になります。5年程前に持病を発症し、一時は死を覚悟したのですが、運よく病名が分かり治療効果で病状は回復安定しています。お陰様で80歳過ぎても元気に長生き出来そうです。

 こんな結構長い人生の中で、未だに記憶に残る苦々しい人って居るんですね。本当に苦々しい人、左程でもないけど記憶にある人、いろいろだけど、昔々から思い出すままに書き出してみようかと思います。

 一寸遡って私の中学生時代、昭和30年代始めです。子供が多く、親の目も届かず、わんぱくし放題の環境でした。言い合いや喧嘩も始終でした。

 そんな中に付和雷同的人間?と言うんですか、喧嘩をしている二人の内、いつも威勢の良い方に加勢して茶々を入れる輩が居ました。日頃は目立たず大人しく、陰でこそこそ言っている少し陰気な男なのですが、こんな時ばかりは元気に相手の気に障ることを連発します。この男が先導し、更にそれに加わる者も出ます。威勢の良い方に追随するのは人間の性なんでしょうかね。

 喧嘩している相手よりも、いつも茶々を入れてくる、 こんな男が腹正しく、今でも記憶に残っています。

 こんな経験以来、他人の動静にすぐ同調することなどは控える様にしています。いずれにしてもトラの威を借るキツネ様な面も窺われ、嫌な気持ちが未だに記憶に残ります。

 寒さが増しています。千曲川河川敷の冬景色です。

 こちらもご覧ください。

  https://t.co/EL2ymtnqaa https://t.co/xrNNhY9f7l」 / Twitter

 沢山のウシの貯金箱をご覧ください。

 ウシ – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)

  

人の振り見て我が振り直せ

 元旦以来好天気続きです。こんな気持ちの良い年始から3年に渡るコロナ禍やロシアのウクライナ侵攻などがいずれも終息し穏やかな1年に成ることを願います。

 さて、ロシアのウクライナ侵攻開始から間もなく1年に成ろうとしています。ロシアの理不尽な行為、100年前の現実の再現、現在では目を疑う行為であり、未だに終息しない現実に唖然とします。この様な為政者の出現も困りものですが、これを許す国民の有り方も問題です。これ等については分析され幾つかの原因が指摘されています。

 どんな原因かについては話しが深くなるので擱くとして、ロシアの現状更には過去を十分に考察し我が国の有り方を考える参考にしたいものです。限度を弁えた公正な民主主義を基本に自由に議論できる国を目指したいものです。

 銀杏畑のスナップ

 今時、無数の銀杏の大部分が地面に落ち、散らばっています。収穫は如何様にされるのだろう。

 貯金箱ギャラリーで沢山のアンパンマン貯金箱を見よう。

 アンパンマン – 貯金箱ギャラリー (kimamajin.com)